>

お店に行く手間を省ける

どこに届けてもらえば良いのか

指定した住所に、ネットワーク機器を届けてもらうことができます。
主な使用場所が会社であれば、そちらに直接届けてもらった方が良いでしょう。
自宅の住所を選択すると、ネットワーク機器を会社まで自分で持って行かなければいけないので、面倒な手間が増えます。
ネットワーク機器を自宅で使う場合以外は、基本的に会社を指定した方が良いと思います。

また、ネットワーク機器をイベントの際に使うことがあるでしょう。
イベント会場を指定して持ってきてもらうこともできます。
急いで持ってきてほしいとお願いすれば、依頼したその日のうちに届けてもらえます。
お店に行かずにネットワーク機器を借りられるので、近くに良いお店がない時に活用してください。

延長できるシステム

最初に指定した期間が過ぎても、もっとネットワーク機器を使いたいと感じることがあると思います。
返却期限が迫ると業者から連絡が入るので、その時に延長したいと伝えてください。
延長料金を支払うことで、期間を長くできます。
仕事でネットワーク機器を使っている時、思ったより仕事が長引くことがあるので、延長のシステムを利用してください。

延長できるので、最初は短い期間を選択しても良いですね。
もっと長い期間を選択しても、使わなかったら費用の無駄になってしまいます。
延長料金がどのくらいなのか確認しておきましょう。
一般的には、3000円から5000円ぐらいで延長できます。
相場を調べて、それよりも延長料金が高かったら避けてください。


この記事をシェアする